スクール

TOP > SCHOOL > カーラッピングコース

カーラッピングコース

  • 時代は「塗る」から「貼る」へ カーラッピングで新たな事業領域を創り出す
  • 技の追及
  • 美へのこだわり
  • 創造の喜び
  • ラッピングアーティスト成功への道

カービューティープロスクールに待望のラッピングコース誕生!

カーラッピングコースとは

クルマにオリジナリティーあふれるスタイリングを提供するカーラッピング。そのニーズはワンポイントのオシャレから色や素材感を全て変えてしまうフルラッピングまで益々高まっています。また印刷をしたメディアを貼り込むコマーシャルラッピンングの需要も旺盛です。スクールでは日本を代表する講師が個別に実技指導。基礎から難易度の高い施工まで確実な技術習得が可能なカリキュラムを導入しています。ビジネスを育むための学科も充実し卒業後は、カービューティープロ・ラッピングアーティストとしての事業展開が可能です。

カーラッピングコースの内容

世界トップクラスのカーラップフィルム AVERY DENNISON

カーラッピングにおいてはフィルムをシワ一つ、浮き一つなくボディーに貼り込むこと、さらには施工後の時間経過においてハガレなどが生じないことが重要です。そのためにはフィルム特性をよく理解したうえでの作業が必要となります。カービューティープロでは世界トップクラスの評価を得ているエイブリィ・デニソンのSupreme Wrapping Film(最高という名のフィルム)を使用して講習を進めていきます。座学では製品特性を学び、優れたフィルムのポテンシャルを最大限引き出す知識を学びます。

日本を代表するインストラクターが個別指導

実習の講師は伊藤紀章氏と山口孝二氏。エイブリィ・デニソン・ジャパンが運営するカーラッピングインストーラープログラムの最上位であるトレーナー認定試験に日本で初めて合格した2人です。トレーナーとは単に教えるだけではなく、その技術を評価し更なる高みに導くことができる存在。豊富な経験と圧倒的な技術を持ち、その論理的で分かり易い教え方は間違いなく日本のトップクラス。10日間にわたる少人数制の個別指導はあなたをラッピングアーティストとしての第一歩を踏み出すところまで確実に導きます。

ボンネットからバンパー、そしてフルラッピングに至るすべての技術を習得

3次元曲面の集合体であるクルマ。その難易度はRの度合いや面積によって大きく変化します。美しく完璧な施工にはフィルムの配置から始まりスキージング、カッティング、ディテイル処理に至るまで理論にかなった様々な技術が必要です。スクールではパーツごとに段階を踏みその時々の最高の施工方法をマスターしていきます。課程の中には印刷物のラッピングも含まれ、コマーシャルラッピングの対応も可能になります。お客さまの要望に応える、まさにラッピングアーティストとしてのビジネス展開が可能になります。

カーラッピングコースの特徴

塗装では限界のあるボディーカラーもラッピングなら豊富なラインアップから必ず好みの色や質感を見つけられます。スタイリッシュなラインを引いたり、色を全く変えてしまったリ、沸き上がるイマジネーションによって楽しみ方は自由自在。フィルムなので剥がすこともでき、貼っている間はオリジナル塗装面をダメージから保護します。カーラッピングは付加価値を販売する手段としてディーラーなども注目し始めています。また企業のロゴやキャラクターを印刷したメディアで表現するコマーシャルラッピングも大きな需要があります。塗る時代から貼る時代へ。ラッピングビジネスの可能性は大きく広がっています。

カーラッピングコースの特徴

カービューティープロスクールに見学にきませんか

SCHOOL

ページの先頭へ戻る